忍者ブログ
M3(ミーン ミスター.マスタード)メンバーの平凡な日々の記録。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イントロのAmジャカジャーンが印象的。

最小の仕事で最大の効果って正にこれのこと(笑)。

PAULがソロのライブで再現したバージョンは、メロディアスな部分が強調されてたけど、オリジナルは、もっといなたい仕上がり。

ここら辺が、かつてビートルズに在籍したオリジナルメンバーでも再現できない不思議なところ。

やっぱビートルズのサウンドは、ビートルズの四人が揃わなきゃ出せない、ということか。



PR
映画「ブロード・ストリート」の中で一番好きなのが、この曲を演奏するシーン。

ドラムがリンゴってのもステキです。

ポールのベースもドライブしてます。

サビのところのボーカルとギターの掛け合いが良く出来てて、さすがポールって感じ。

この頃はウイングスも解散してて、あまりバンドバンドしてないはずなのに、いざロックンロールをやったら、こんなにも様になってしまうところが、やっぱ生粋のロッカーって感じ。

でもバラードの名手と呼ばれてしまう、この悲しさ。

YESTERDAYって、なかなか罪な曲ですねf^_^;



ビートルズが表紙となれば買うしかない。

赤盤青盤、特集記事読んでたら買いたくなってきたな。

それより気になるのはバンド・オン・ザ・ランのデラックス・エディション。

特典DVDの中身は、ワン・ハンド・クラッピングのライブ映像らしい!

買うしかないな、こりゃ。



作者のPAULは駄作と言ってるけど、そんなことないのになぁ、と思う。

黒人女性コーラスグループからの影響を上手く反映させて、しかもただの物真似にはなってないし。

Bメロで転調するとことか、若干強引な気もするけど、そこが逆に良いアクセントになってるし。

ちなみにPAULはソロになってからも同じタイトルの曲を書いてます。

曲調は全然違うけど。



[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/14 Зеркальные фотоаппараты nikon]
[12/07 白石和也]
[11/26 ぱぐ]
[08/19 ぱぐ]
[07/24 ぱぐ]
プロフィール
HN:
M3ドラム
年齢:
38
HP:
性別:
男性
誕生日:
1982/04/30
趣味:
映画、音楽鑑賞、読書
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター

Copyright © 『MEAN MR. MUSTARDのBlog』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]